女子大生のエロ画像をDL→FBIがPCの削除データから児童ポルノ発掘→懲役20年

“偶然”ダウンロードした児童ポルノのせいで懲役20年
カリフォルニア州、サクラメントに住むマシュー・ホワイト(22)は、現在、児童ポルノ禁止法違反の罪に問われており、最高で懲役
20年の刑が科せられる可能性があるという。

マシューは過去に、自分の年齢相応の女性の裸に興味を持ち、“女子大生”のいわゆる不適切な画像をダウンロードした。そのおよそ1年後、FBI捜査官が彼の家を訪れた。

「パソコンを調べさせて欲しい」家族は捜査官がパソコンを調べることを承諾したが、最初は何も見つからなかった。しかしそれから数日後、捜査官はパソコンから削除されたデータの中から問題となる画像を回収してきたのだ。画像は児童ポルノと断定された。

「キミは、こういった画像をどこで手に入れたのかな?」マシューは「分かりません」と答えた。それもそうだ、1年も前にインターネットから拾ってきた画像など覚えているはずもない。ましてや削除してしまった画像、覚えている方が不思議だろう。
http://digimaga.net/2009/12/lolita-complex-also-to-moderation.html
以下、2ちゃんねるの反応 ▼

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック